検索(by YAHOO!)

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

視力回復方法教えます☆

私がレーシックを初めて知ったのは、確か雑誌の広告だったと思います。
それまではめがねやコンタクトレンズでの矯正以外の方法がないと思っていたので、大変衝撃を受けました。
レーシック手術というのは角膜に直接施すものなので、手術自体はちょっと恐怖心はありますが、1度行ってしまえばコンタクトのレンズケアなどの面倒くさい作業から開放されたり、めがねの度数が合わなくなって買い換えたりという手間がなくなるので大変魅力があると思います。
しかし人によっては目が悪い状態に慣れてしまっているので、いきなり良い目の状態になってしまうと、見えすぎてしまってまぶしいなどの症状が出ることもあるそうです。
私の現在の目の状態は、ギリギリ裸眼で見える状態なので、今すぐめがねやコンタクトレンズ、レーシックなどの矯正は必要ありませんが、今後今より目が悪くなった時にはレーシックという選択肢も検討したいものの候補のひとつとして考えています。

知人が実際にレーシックを経験

私の知人が二人、実際にレーシックを経験しています。
一人は知人の兄弟の話なので間接的な話ですが、やはり周囲には「やったほうが良いよ」と勧めているようです。
もう一人はかなり親しい人が経験者なので、話は詳しく聞くことができました。
一昔前までは高価で、歴史が浅かったために色々な噂も飛び交っていたので、「一生物の目」を敢えて傷つけてまで手術する必要は無いと思っていました。
しかし、その知人から聞くところによると、今はかなり施術例も豊富で経験も積んでいるのでトラブルは非常に少なく、費用もかなり安くなってきていると聞きました。
しかも、保険対応になる場合も多く、その知人は保険にいくつも加入していたので、トータルでプラスになったと言っていました。
手術後の感想は、数週間はまぶしかったり目がしみやすかったりしたようですが、眼鏡は必要なくなり、おしゃれにも気合が入れられると言っていました。
また、仕事柄眼鏡がわずらわしい職種だったので、仕事にも支障がなくなったと言っていました。
この知人の話を聞いたり、実際の生活の変化を見ていると、やはりやってみたいなあと感じました。
記事を共有する このエントリーをはてなブックマークに追加